・顔面神経麻痺について

顔面神経麻痺は様々な原因で生じ、Bell 麻痺やRamsey-Hunt症候群といわれるヘルペスや水痘などのウイルスが原因で生じるものから、脳腫瘍の手術の後に生じるもの、外傷の後に生じるものなどがあります。
特にウイルスが原因で生じるものは薬の治療で治癒するものが殆どですが、脳腫瘍などの手術後に生じるものは難治であるものも多く、薬の治療をしても完全に治らなかったり、異常な動きが出るようになったりする場合があります。
そもそも、顔の神経は大きく5本に分かれていて、それぞれが眉や眼、口といったパーツを支配していて、一部のものは複雑に交ざりながら支配しているので、全部が麻痺する以外に、ある部分だけが麻痺してしまったり(不全麻痺)、他の部位との神経が混線してしまったり(病的共同運動)と、実に様々な症状を示します。 そのため、それらの症状に応じた治療が必要になります。

・静的再建術

筋膜などを移植して、その筋膜で変形を矯正するように牽引する手術になります。侵襲が比較的少なく、結果がすぐに得られる特徴がありますが、表情は作れません。麻痺の治りにくい眉毛部及び下口唇部の手術として行われる頻度が高いです。

・部位別神経麻痺再建術

眉毛の麻痺:眉毛挙上術、皮膚を切除し釣り上げ下がらないよう固定を行います。当院では強固の固定を行うことで術後の再下がり防止を試みています。

上眼瞼麻痺:

下眼瞼麻痺:

口の麻痺:

・動的再建術
主に笑いの再建を目指し治療を行います。

・神経移植術

・交叉神経移植術

・神経移行術

・遊離筋肉移植っ術

・側頭筋移行術(Lenghening temporalis myoplasty)

術後リハビリ