種子骨障害

種子骨は腱や靭帯の方向を変える滑車の役割をしています。
足においては種子骨は母趾の種子骨を指し、短母趾屈筋腱内の内外側に位置し、クッションなどの役割も果たします。素足で強い外力を繰り返すことで発症します。

治療:まずは保存的に安静、運動制限を行います。
 滑膜炎が合併しているときはステロイド注射
 運動時疼痛があれば足底挿板などを用います。
 難治性の場合には手術することもあります。