代表的なもの→下まぶたのたるみ(tear trough)、ほうれい線、マリオネット線

加齢に伴う、皮膚の変化、皮下脂肪などの軟部組織の下垂および位置・ボリュームの変化、骨自体の萎縮(頬骨の変形、眼窩の拡大、下顎骨の萎縮)によりたるみが起こります。 
たるみに伴い、顔全体のシルエットが変化するだけでなく、下まぶたのたるみ(tear trough)、ほうれい線、マリオネット線などが深く目立つようになります。 
これは、解剖学的に、顔面には表面皮膚と皮下組織・骨をつなぐ靭帯が存在し、この靭帯が下垂した組織を吊り下げる様に支えられており、ちょうど支えられている部位が溝となり、ラインを形成するためです。

治療法

・ヒアルロン酸

・脂肪移植