乳房の治療により変形してしまったり、失ってしまった乳房を再びもとに戻すことを「乳房再建」といいます。当院では、女性らしさの象徴の乳房を、可能な限り理想の形に直したいという希望にこたえ乳房再建術を提供しております。

・お風呂や温泉に入りたい
・薄着になりたい
・胸がないのがつらい
これらの要望に応えるため、乳腺外科とチームで医療を行い、患者様のQOLの向上に取り組んでおります。

当院では乳房再建について数多くの症例数がある病院での臨床経験を活かし、スペシャリストとして治療を行っております。

・1次再建:乳癌の切除と同時に乳房再建を行う方法です。麻酔終わった際には乳房が再建されているため、精神的な負担が少なく治療を行えます。
・2次再建:手術後の補助療法後や乳癌切除のみ施行しその後欠損がある方に行います。

・1期再建:一回の手術で乳房再建が完了すること
・2期再建:風船(ティッシュエキスパンダー)で乳房皮膚を伸展させたのちに再建手術をすること

・自己組織での再建(遊離皮弁、有茎皮弁)

 個人の自己組織を用い、可能な限り元の脂肪組織に近い再建を行います。他の部位に傷は残りますが、余剰の血管、脂肪組織を用いるため、機能的な合併症はほとんどなく手術を施行します。保険治療で再建をすることができます。

DIEP flap、PAP flap、広背筋皮弁

・脂肪注入

他の部位(大腿、腹部)の脂肪を針穴から採取し、乳房に移植します。
大きな組織欠損に対しては向いていませんが、小さい欠損に対しては結果は良好です。

・エキスパンダー、インプラントによる再建