4月14日から16日まで形成外科学会総会が開催されています。
今年は昨今の状況を考慮し、現地とオンデマンドのハイブリッド開催となっています。
当院からは5演題発表しました。

・当院での重度多数指外傷に対する被覆手術の検討 演者 石川 昂央
・”Dynamic Canthopexy”による下眼瞼外反症治療の経験 演者 金 智優
・Functional Open Septorhino plastyにおけるNasal tip Support 演者 浅香 衣里
・Dorsal Preservation Rhinoplasty; Hump nose correction 演者 中尾 崇
・3次元肋軟骨移植にて加療した陳旧性眼科下壁、内壁骨折 演者 野間口 磨篤

患者様一人一人に真正面から向き合い、演題発表にいたりました。
診療においてご協力お願いすることもありますが、よろしくお願いいたします。

Leave a Comment