患者さんの明るい社会復帰、笑顔をめざして

東京女子医科大学東医療センター
教授
八巻 隆

形成外科は体表面のあらゆる変形や機能障害に対応する 科であり、対象疾患は外傷、腫瘍、先天異常など多岐に亘ります。また手術内容も、大きな組織移動を伴う「再建外科」から審美性を追求する「美容外科」まで 多様性に富んでいます。これは、外科系各科が各臓器別に専門性を高め発展したのに対して、形成外科は外科総論的な「創傷治癒」や「組織移植」に専門性を求め続けた所以であります。

東京女子医科大学形成外科学教室は、初代・平山峻教授より、熱傷など全身管理を必要とする重症外傷や再建外科 を得意とする硬派な形成外科として発足し、その傾向は今も色濃く残っています。当院でも新宿本院の流れを引き継ぎつつも、東医療センター独自の治療を確立しております。

オールランドな形成外科学教室としてありつつも、教室員各位がそれぞれの専門領域で邁進しております。治療に迷われている方々は是非一度ご相談ください。